Q & A

トレーラーハウスはどんな土地でも設置できるの?

用途地域に関わらずどこでも設置が可能ですが、地目が農地の場合のみ農業委員会の許可が必要です。いずれの場合もJCBA(日本建築行政会議)の基準により(社)日本トレーラーハウス協会が定める所定の設置方法を必ず守らなければなりません。

トレーラーハウスには建築確認申請は必要ないと聞いたけど?

建築物ではないので必要ありませんが上記の設置方法に違反すると建築物とされ建築確認申請が必要になります。利用目的や、設置期間は問われません。

トレーラーハウスの大きさに制限はないの?

道路運行許可をとり、道路を走れることが条件です。弊社では車幅3.2m、車長12m、車高4.1mの大きさまでと自主規制しています。

分譲住宅地に家屋代わりに置いた場合、家屋と同じ扱いになるの?

法的には家(建築物)にはあたりません。そのため、確認申請は必要ありません。住民票は各自治体にお聞きください。ライフライン、耐用年数等、家と全く変わりなく快適に住む事ができます。但し、大きさを含む所定の設置基準を厳守しなければなりません。

トレーラーハウスで飲食店を営業できるの? 営業許可は取れるの?

全く問題はありません。飲食店の営業許可は保健所が出しますが、保健所に書類を提出する前に、該当自治体の建築指導課で、建築物にはあたらない認定を取得します。(弊社で代行いたします)通常の衛生面を審査し保健所は許可を出します。

トレーラーハウスに関する法令はあるの? 管轄はどの省庁なの?

現在トレーラーハウスに関して決められた法律は、国の法律としてはありません。但し、平成14年全国建築主事行政会議(JCBA)で、厳格な設置基準が決められました。その設置基準を遵守することで建築物から除外されます。トレーラーハウス全体に関しては国土交通省、海外からの輸入に関しては経済産業省、海外からの輸入に対し発行される自動車通関証明書は財務省の管轄にあたります。

トレーラーハウスはどんな税金もかからないの?

現行法には規定がないのでトレーラーハウス自体に税金はかかりませんが、今後ユーザーが増加していくことにより、新たな法律ができる可能性はあります。

購入後の破損、故障に保証はつくの?

弊社のLS11・LJ11シリーズは、駆体本体3年の保証があります。室内の家具、電化製品についてはそのメーカー保証になります。中古製品については3ヶ月保証になります。

ライフライン(電気、ガス、水道)は繋げるの? テレビアンテナや電話線は? 手続きは?

全て普通の建物と一緒です。ただし、各々の接続については決められた方法をとらなければなりません。電気、ガス、水道など各種工事や、指定の接続方法の施工は弊社でも行えますので、お気軽にご相談下さい。

地震は大丈夫かしら?

トレーラーハウスは地面基礎に固定されず、ジャッキアップされております。地震でもジャッキが免震構造の役目を果たし、タイヤがその震動を吸収します。